スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<はやぶさ>JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)

 おかえり、そしてありがとう--。多くのトラブルを乗り越え日本の小惑星探査機「はやぶさ」が13日深夜、7年にわたる小惑星往復の旅を終えた。その奮闘ぶりは多くの人に感動を与え、どんなときもあきらめないことの大切さを伝えた。はやぶさが帰還するオーストラリアで、管制を担う相模原市で、人々はそのフィナーレに拍手を送った。

 「この7年、こちらの指令をけなげにこなし、身をていしてカプセルを届けてくれた。明日から運用がないという事実を、受け入れられないでいる」

 はやぶさの運用を管制する宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所(相模原市)では、カプセル着地後、日付が変わった14日午前0時過ぎからプロジェクトチームが会見に臨んだ。プロジェクトを率いた川口淳一郎JAXA教授は成功の喜びに浸りながらも、はやぶさとの別れを惜しんだ。

 いつもはクールな川口さんが、珍しく感傷的な表情を浮かべ、計画を振り返る。

 「この計画は欧米と比べても背伸びした計画」。その一方で、世界初の偉業を「幸運」と言う。「神がかり的だった。今、こうして(成功の)会見の場にいることが夢のよう」とも話した。

 一方「このような挑戦がどこかで行われないと先が見えてこない。(宇宙開発技術の)持続的な可能性を支えるために、こういう挑戦は必要」と、後継機の開発を含む今後の技術開発の重要性を強調した。

 はやぶさの成功で「日本の惑星探査に自信と希望を与えられた」と自負も見せたが「この瞬間から技術の離散と風化が始まっている。将来につながるミッションが必要だ」と言い切った。【藤野基文、西川拓】

 ◇「挑む姿教えてくれた」

 【グレンダンボ近郊(オーストラリア南部)永山悦子】「この3年、はやぶさとともに生きてきた。ようやく本物に会うことができた。よく帰ってきたと声をかけたい」。小惑星探査機「はやぶさ」の活躍を映像作品にしたコンピューターグラフィックス(CG)ディレクターの上坂(こうさか)浩光さん(50)は語った。

 作品名は「HAYABUSA BACK TO THE EARTH(はやぶさ地球帰還)」。大阪市立科学館学芸員の飯山青海(あおみ)さん(38)とともに企画した。

 飯山さんは07年、JAXAが企画したはやぶさの映像作品「祈り」を見て「この作者に依頼したい」と決心。上坂さんに連絡を取った。

 今回は、はやぶさが苦難を乗り越える姿を上坂さんが精細なCGで描き、全国の科学館などで上映。延べ12万人が鑑賞した。「泣けた」「家族や友人に見せたい」と反響を呼び、今月、DVDも発売された。

 現在の作品は08年までの旅を描いており、上坂さんははやぶさが燃え尽きる今回の映像を加えて物語を完結させる。

 一方、取材のため現地入りし、はやぶさの最期を見守ったノンフィクション作家の山根一眞さん(62)は「はやぶさらしい派手な帰還だった。宇宙開発に産業貢献や新技術の創出を求める声が強いが、未知の世界に挑む姿に感動するという本来の意味を、はやぶさは教えてくれた」と話した。

【関連ニュース】
はやぶさ:ヘリ捜索隊、カプセル発見…豪の砂漠に着地
はやぶさ:7年、60億キロ…世界初の旅終え帰還
はやぶさ:大気圏突入、本体燃え尽きる…カプセル分離成功
はやぶさ:ファン共感、豪州で「最期見届ける」
はやぶさ:「カプセル分離」に拍手…JAXA管制室

<菅首相会見>その6「衆議院選挙はまったく白紙」(毎日新聞)
<自閉症>複数の遺伝子のコピーミスから起きる可能性(毎日新聞)
アパート火災、3遺体=幼児と小学生か―北海道・苫小牧(時事通信)
<仙谷官房長官>荒井戦略相に「管理甘い」と厳重注意(毎日新聞)
超党派で「財政健全化検討会議」…首相所信表明(読売新聞)
スポンサーサイト

視聴率は3~7% 「鳩山辞任」2日午前のニュース特番(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相の辞任が伝えられた2日午前、NHKと民放テレビ各局で放送された緊急特番の世帯視聴率(関東地区)が約3~7台だったことが3日、ビデオリサーチの調べで分かった。NHKは前4週の平均よりも4ポイント以上高かった。

 特番は、テレビ東京を除く民放キー局とNHKの5局で放送された。各局の平均視聴率は、NHK(午前9時35分~11時)7・1%▽テレビ朝日(同10時33分~11時25分)5・0%▽日本テレビ(同10時25分~11時半)4・6%▽フジテレビ(同9時55分~11時)4・3%▽TBS(同10時5分~11時)3・1%-などとなっている。

【関連記事】
「権力」掌握だけが目的だった水と油の「小鳩」関係
鳩山首相、ルーピー全開…最後は勘違い「ヒヨドリ」話
小沢軍団 変わらぬ本質 「数は力」
「権力」掌握だけが目的だった水と油の「小鳩」関係
カネ問題 真相は闇のまま 献金・土地・北教組…

転居費詐取容疑、自称NPO代表逮捕へ(読売新聞)
子供狙った性犯罪前歴者、3割が居住地不明(読売新聞)
凶器刺さったまま追いかけ、強盗取り押さえ(読売新聞)
関東と沖縄を上方修正=5月の地域経済動向―内閣府(時事通信)
<反則切符>車上荒らし被害…千葉県警職員が盗まれる(毎日新聞)

こち亀 曲げられた「麗子像」まっすぐに 誰の仕業?(毎日新聞)

 東京都葛飾区のJR亀有駅北口の交番前にある人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」キャラクターの銅像「麗子像」が足元から曲げられた事件で、無断で像が直立した状態に戻されていたことが分かった。

 麗子像は今月19日、左側に傾けられているのが見つかり、警視庁亀有署が器物損壊事件として調べていた。区によると、像は21日昼までは傾いた状態だったが、22日午後1時ごろ、真っすぐになっているのを区職員が見つけた。区はシートを掛けて保護し、業者に修理を依頼している。

 亀有駅周辺には、地元商店街などが、こち亀のキャラクター像11体を設置している。こち亀の銅像を巡っては、主人公の両さん(両津勘吉)の銅像が手に持っているマラカスを折ったとして、区内の会社員(23)が今月7日に器物損壊容疑で書類送検されている。【神足俊輔】

【関連ニュース】
こち亀:今度は「麗子像」曲げられる
両さん像損壊:容疑の会社員を書類送検…警視庁亀有署
雑記帳:「こち亀」キャラの銅像散策マップ完成 無料配布
雑記帳:こち亀「両さん」像を修復…東京・亀有
こち亀:23歳男が自首 両さんの銅像破壊

両陛下、お別れのあいさつ(時事通信)
<強盗>女性店員縛りマックから30万円奪う 静岡・掛川(毎日新聞)
郵政改革法案 衆院で審議入り 5野党は本会議に欠席(毎日新聞)
両陛下が神奈川県へ 全国植樹祭にご出席(産経新聞)
環境面に徹底配慮=普天間代替施設―鳩山首相(時事通信)

<gooメール>不具合で苦情1万件(毎日新聞)

 NTTレゾナントのメールサービス「gooメール」で3月31日のシステム更新以降、件名と本文が食い違ったメールが届くなどの不具合が発生し、利用者からの苦情・問い合わせが4月末までに約1万件に達していることが12日分かった。

 同社によると、読んでいないメールが既読扱いになったり、送信先や送信元、件名、本文などが空白のメールが届くなどの不具合も起きていた。システム更新に伴うプログラムミスが原因とみられる。

 改善措置をとったが、同社の推奨する速度、機能基準を満たさない回線、パソコンを使っている利用者らから「表示に時間がかかり、その間にログアウトしてメールを読めない」などの苦情が続いているという。そのため、5月末をめどに機能を限定する代わりに表示速度を上げた「シンプル版」を提供。4、5月の2カ月分の月額利用料は無料にする。【望月麻紀】

【関連ニュース】
里田まい:1千万円当たったら「スザンヌ、優樹菜としゃぶしゃぶに行きます」 goo検索ワード対決

首相にふさわしい1位でも…舛添人気19%に後退(読売新聞)
連続講座第8回は「庭園論」テーマに(産経新聞)
民主、甘利氏の懲罰動議提出 自民は猛反発(産経新聞)
資産運用で預かった30億円横領 容疑の元公認会計士を逮捕(産経新聞)
民主宮城県連の前選対委員長、みんなの党が公認(読売新聞)

県内移設は「狂気の沙汰」 与党・社民議員、官邸前で前代未聞の演説(産経新聞)

 社民党の山内徳信参院議員と服部良一衆院議員が10日午前、首相官邸で開かれた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の関係閣僚会議に合わせ、官邸前交差点の歩道で、県内移設反対を訴え、演説を行った。連立政権を組む与党議員が官邸前で鳩山由紀夫首相らを公然と批判するのは極めて異例の事態だ。

 山内氏は「辺野古くい打ち工法反対 首相、『国外・県外』への公約守れ」と書かれた横断幕を掲げ、「県外・国外と言ったのは誰だったのか。国家が人をいじめ犠牲にしていいという法律はない」と訴えた。さらに「沖縄県民を(県外移設という)その気にさせておいて、米国と交渉する気概も気迫もない。(県内移設は)もはや狂気の沙汰(さた)だ」と政府を激しく批判した。

 演説中、山内氏らは関係閣僚会議のため官邸入りする北沢俊美防衛相の公用車に「くい打ち反対、くい打ち反対」と叫び、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)沖合の「浅瀬案」など県内移設案が政府案として話し合われることを牽制(けんせい)した。

【関連記事】
普天間移設決着「5月末は変えない」 鳩山首相が強調
「5月末決着」に先送り論、平野更迭論…参院選に向けた思惑も 首相自ら退路絶つ
鳩山由紀夫首相の軽さこそわが国の「最大の脅威」ではないか
心が麻痺しているのでは… メディアは現政権に甘く、問題起きてもすぐ“鎮火”
「辺野古から逃げてまた帰ることはあり得ない」 亀井氏が政府案反対
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

東京都心で震度3(時事通信)
<JR中央線>衝撃音で緊急停止 西荻窪駅・9本運休(毎日新聞)
参院で「民主過半数望まず」62%…読売世論調査(読売新聞)
両陛下、五輪入賞者招き茶会(時事通信)
<レコード検定>復活狙い 国内唯一のメーカーが実施(毎日新聞)
プロフィール

にいのしんやさん

Author:にいのしんやさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。